第95回箱根駅伝予選会 本戦出場11校決定!

駅伝の神様が舞い降りた時

☆★☆────────────────────────────────

~ 第六号 ~

「ジョギングを楽しみながら自信を手に入れる方法」

───────────────────────────── VOL6

「ジョギングを楽しみながら自信を手に入れる方法」の第六号をお届けします。

ジョギング日和の土曜日の朝、16kmジョグを敢行しました。

朝食前のため、10 km以降はガス欠状態でしたが

なんとか走りきることができました。

途中季節外れとなった美しいアザミを見つけたので

復路で写真をパシャリ。

10月も半ばになるとだいぶ涼しくなり

特に今朝は曇りがちだったので走りやすい気候でした。

___________________________________

モチベーションを維持するには
___________________________________

「ダイエットしたい」「健康のため」など、

走り出したは良いけれど、継続は困難・・

ダイエットしたいなど目標があっても到達するには不断の努力が必要です。

「今日はやめておこう」そう思った瞬間、目標は遠のいてしまいます。

始めたらどんなことがあっても継続することが大切です。

「継続は力なり」と昔から言われていますがまさにその通りなのです。

体に負担がかかっても時間の経過とともに疲労は回復していきます。

先ずは3日間継続できるかどうか、ここが大きなポイントになります。

___________________________________

第95回箱根駅伝予選会 本戦出場11校決定!
___________________________________

本日第95回箱根駅伝予選会が開催され、本戦に出場できる11校が決定しました。

駒澤大、順天堂大、神奈川大、国学院大、明治大、東京国際大、

大東文化大、中央大、国士舘大、山梨学院大、上武大

以上の11校が、来年2019年1月2日、3日に開催される箱根駅伝の本選への出場が決定しました。

一方残念ながら、 惜しくも本戦出場を逃してしまった上位の4校です。

麗澤大、亜細亜大、専修大、創価大

次年度へのステップにしてほしいと思います。

___________________________________

駅伝の神様が舞い降りた時
___________________________________

箱根駅伝予選会と言えば、数年前とても印象深い出来事がありました。

それは、第92回箱根駅伝予選会でのことです。

「駅伝の神様」が舞い降りた予選会と言っても良いでしょう。

箱根駅伝予選会は、上位10人の合計タイムの早い順で決まります。

この年は上位10校のみが本戦で走ることができ、

上位10校の発表の次に11位が発表された時です。

10位 上武大学  10時間12分04秒。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11位 国士舘大学 10時間12分14秒。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

10秒差。

10人なので、一人1秒です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

後にも先にもこんな結果は出そうと思っても絶対に出せません。

本戦に出場できなかった選手の悔しさは後輩に直伝され

次の年から今年で3年連続本戦への出場を決める躍進を遂げています。

さらに、近年の国士舘大学の偏差値はうなぎのぼりとなり

日東専駒を凌ぐところまでレベルも上がりました。

まさに、神様が舞い降りたと言っても良いでしょう。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

明日もまた気持ちの良いジョギングをしようと考えています。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡ください。

 by:tubu